UQワイマックスの評判が回復した元となったものとは?

ユーザーオール満足レベルベストのUQワイマックス。
ですが、一時期、悪い口コミが噂された時機もありました。
とは言え、現在はキッカケが見直され、UQワイマックスの評判は上昇中です。



人気のUQワイマックス



そもそも、UQワイマックスの悪評が広がった原因ですが、速度制限無しのWiMAXから速度制限が適用されるWiMAX 2+への主力回線のチェンジが進んだ為です。
ギガ放題プランで登録を行う事で、ハイスピードモードの場合のWiMAX 2+の月間データ量による速度制限は免除されます。
ですが、混雑回避の為の速度制限は、ギガ放題プランで登録を行っても適用されるのです。(UQワイマックスの評判は好転中!?を参照)



混雑回避の為の速度制限とは、3日間で3GB以上のウェブ回線通信を行った契約者に向けて適用される、一日の帯域制限処置と言う事を指し示します。
当時は128Kbpsにまで通信回線の速度が制限された結果、速度制限後は、UQワイマックスが全く使い物にならないという実情が起こっていました。



速度制限



その結果、UQワイマックスは繋がらないだとか、UQワイマックスは通信回線の速度が遅いだとか、ボツボツ通信回線の速度が途切れるだとか、そう言った悪評が広がったのです。
UQワイマックスに対する集団訴訟の話題もあり、テレビ番組で取り上げられた事もありました。



ですが、現在は速度制限後の通信回線の速度が緩和され、こう言った悪評は激減しました。
現に速度制限が適応された折でも、配信動画を普通に視聴するだけの通信回線の速度は確保されています。
ですから、実質、速度制限はあってもないようなものです。



必要な通信速度は出る



ただ、ダウンロードとかバージョンアップ等が同時進行になると、途端に流している映画が止まってしまいます。
ですから、そこだけは受諾可能な人にUQワイマックスはお奨めします。



UQワイマックスの基地局の数は益々増設されて、また、ワイマックス通信機器のスペックも向上し続けています。
ですから、受信環境や通信回線の速度は、前より良くなるだけです。



良くなるワイマックス環境



実際、UQワイマックスに対する悪評は、書き込み日を確認すると古いものがほとんどです。
そう言う基盤がありつつ、UQワイマックスの評判は上昇中なのです。



幅広い領域に対応し、ちょっとした初期設定で使用可能なUQワイマックス。
最も手早くインターネット環境を手に入れる事が出来ますし、移転の場面にも負担が無いと評判です。



引っ越にも有利



回線工事が不要で、インターネット工事費が存在しない分だけ月々のネット料も安いです。
そのような便利さが評判のUQワイマックス、利用しないなんて勿体無いです。



>>UQ WiMAXの受領はコチラから

ギガ放題プランとは?

序説でアナウンスしましたが、UQワイマックスにはギガ放題プランという料金コースがあります。
通常プランとは異なり、ハイスピードモード時のWiMAX 2+の月間データ量による速度制限が免除されます。



速度制限が免除



月間データ量による速度制限とは、1ヵ月間で7GB以上の通信を行った方に対して、月末まで適用される帯域制限対応の事を示します。
俗にいう7G制限と呼ばれるものが、こいつに該当します。



たった684円毎月のインターネット回線の値段にUPするだけで、7G制限を気にする必要がなくなる訳です。


そう考えると、甚だ魅力的な料金コースだと言えるでしょう。

UQワイマックスで取引きをする利点とは?

UQワイマックスのサービスを提供しているプロバイダや代理店、家電量販店は数社存在します。
それぞれ魅力的なサービスを行っていますので、ついつい目移りしてしまいそうになります。



契約先に迷う



では、何処と取引きすれば間違いないのでしょうか?
・・・その結論は、UQワイマックスです。



UQワイマックスの行っているキャンペーン特権は、3,000〜10,000円相当のJCBギフトカードの提供です。
現ナマではなく商品券ですし、金額もそこそこです。
ですから、人によってはUQワイマックスで取引きをすると損をすると思い込んでいる方もいます。



商品券



ですが、UQワイマックスはサービス用意元と言う大きな利点があります。
迷惑事が起きた際の措置が素早く、敢然と対応して貰えます。



また、お問い合わせ先の応対時間は年中無休で、9時より21時まで対応して貰えます。
ですから、会社が手一杯となっている方であっても、UQワイマックスのお問い合わせ先を利用する事が出来ます。



サポートセンターの対応



プロバイダによってはウィークデーだけしか対応していない店舗もありますし、応対時間も短かったりします。
こう言ったとこと取引きを行ってしまうと、十分なフォローアップは考えてはいけません。



また、UQワイマックスのお問い合わせ先の電話はフリーダイヤルです。
目下、ナビダイヤルを利用してる会社が大半ですが、フリーダイヤルなら気軽にお問い合わせ先を利用する事が出来ます。



フリーダイヤル



UQワイマックスの取引き日数は、短くても25ヶ月間よりあります。
その間のもしもの確実性を考えると、UQワイマックス以上の申込先は無いでしょう。



ちなみに、UQワイマックスでJCBギフトカードを頂く為には、後述する公式ホームページからの申し込みが必要となります。
その点に気を付けましょう。



UQワイマックスの公式サイトはこちら